Stripeのイメージ

料金受納サービス「Stripe」は、仮想通貨(暗号通貨)「Bitcoin(ビットコイン)」の取り扱いを終了すると発表した。

Stripeはクレジットカード決済により企業や個人が、料金を受納できるサービスだが、2014年よりビットコイン決済にも対応していた。ビットコインはクレジットカードが使えない状況で役立つ支払い手段だった。


しかし最近、ビットコインは資産としての価値が急上昇しており、商取引の媒介としてはあまり役に立たなくなりつつある。ビットコインの価格変動による取引の失敗率が増え、手数料がふくらんでいる。

Stripeを通じビットコイン決済を導入している企業なども、そこから得られる収益は大幅に減少しつつある。

Stripeでは4月23日に正式にビットコインの取り扱いを止める。今後3か月間をかけ、この決定によて影響を受ける企業や個人が円滑に体制を移行できるよう協力していくそう。

なおStripeでは仮想通貨(暗号通貨)全体については楽観視しており、OmiseGO(オミセゴー)、イーサリアムなどの取り組みを高評価。Stripeが資金援助したStellar(ステラ)の利用が拡大するのであれば取り扱いも検討する。またBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、Litecoin(ライトコイン)、そのほかビットコインの亜種が今後の技術の進歩で手数料や決済時間を低く抑えられる可能性があると期待している。ビットコイン自体も今後また支払い手段として再び有用になる見込みがあるとしている。